• 0
  • 0
  • 0

十日町が題材の映画で、主題歌も十日町の方が歌っています。


風の波紋と言う、ドキメンタリー映画をご存知ですか?
主に松之山を舞台にした映画です。

ほぼ松之山在住の小暮さんが、主役なんでしょうかね?
さて本日新潟日報に紹介されていますが、この「風の波紋」の主題歌「めざめ」を歌っているのが絵本と木の実の美術館の管理をしている天野季子さんです。

予告編でも後半に出て来るめざめのときと言う歌らしいです。
へーあの方歌手活動もしてたんだ、と改めて驚きましたが、聞いてさらに澄み切った歌声で二度驚きました。

どこで、買えるのか調べたら分かりませんでした。
勿論、絵本と木の実の美術館に行けば買えるんでしょうけどね。

Amazonには売っていませんでした。

さて話題は変わります。
以前、美人林のコンサートにお起こしいただいたピアニストがいました。
国際コンクールで優勝経験もあり、なかなかの実力者と言う話聞いていました。
ある方は世界的なピアニストだ!とも仰っていました。
でも僕は信じません。

自分の耳で聞くまでは。
そこで地位(実行委員長)を利用して、その方の演奏はリハーサルまですべて聞きました。
当時は伴奏で、もう一人ピアニストの方も来ていました。

場所は中学の音楽室でリハーサル
聞いて驚きました。

超素晴らしい。
もう涙が出るほど美しい音楽でした。
これが世界の実力かとも感じました。
一緒に来たピアニストに変わり演奏も聞きましたが、同じピアノとは思えない音色でした。

もう凄い、こんな美しいピアノの音色を間近で聞けるなんて。
でも、美人林の会場では、あの繊細な美しさは分からないでしょうね。

是非又聞きたい、そう心に誓っていました。

それから長い月日が経ちましたが、僕は忘れていません。
そしてその方が、他のコンサートと一緒になりますが、ご縁なんだから松之山に来てもいいと仰っているという話を頂きました。

これは、なんとしても実現したい。
あの繊細のピアノを松之山の方にも体験してもらいたい。
多分実現すれば9月か10月ごろになると思うのですが、まだ決まりませんので、ピアニストの名前は伏せておきます。

もし実現したら、無理しないで参加でいる金額にしたい。
そして、一人でも多くの方に、上質で素晴らしい音楽を松之山で体験してもらいたい、今はそんな思いでいっぱいで。

タグ:
風の波紋

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ