本文へ移動する

記事一覧に戻る

温泉デリバリー&ドライブスルー 価格表

自宅で日本3大薬湯 松之山温泉を堪能しませんか?

新しい温泉利用のご提案です。
松之山温泉の特徴として、成分総量が通常の療養泉に比べ15倍以上と非常に濃い温泉と言うことができます。
ですから、家庭の湯舟に松之山温泉の源泉を10リットルから20リットル入れるだけで、十分温泉気分が味わえます。
貴方も自宅で本物の松之山温泉を楽しみませんか?

1月1日より、温泉の配達を含めた価格を改定させて頂きます。

※基本的に温泉(当館の源泉)1けリットル 50円とします。

容器付き温泉価格

1.8ℓペットボトル 300円

10ℓ バロンボックス 1,350円

10ℓ ポリタンク 1,160円(予約販売)

20ℓ バロンボックス 1,900円

20ℓ ポリタンク 1,750円

※すべて消費税と容器含みの価格です。

容器持ち込み価格

1.8ℓペットボトル 150円
2ℓ 150円
3ℓ 200円
4ℓ 250円
5ℓ 150円
6ℓ 200円
7ℓ 250円
8ℓ 450円
9ℓ 500円
10ℓ 550円
15ℓ 800円
20ℓ 1,050円

※容器持ち込みの場合は1回の容器詰込みに別途50円を頂戴しております。
例 18ℓの容器持ち込みの場合は18ℓ×50円+50円で合計金額950円となります。
※1個の容器が2ℓ以下の場合は一律150円とさせて頂きます。

温泉デリバリーの新料金(1回ポリタンク20㍑を配達する場合)

十日町市・津南町・上越市大島区の場合は当社がデリバリー(配達)します。

◇ 20ℓ1回コース→2,250円

(ポリタンクは回収いたしません。)

◇ 20ℓ3回コース→5,350円

(3回目の配達後。ポリタンクは回収いたしません。)

◇20ℓ5回コース→8,450円

(5回目の配達後、ポリタンクは回収いたしません。)

※複数回コースの場合配達する間隔は1週間が標準です。
※使用するポリタンクは温泉デリバリーに複数回利用したタンクを利用しています。
価格はすべて消費税込みの価格です。
※希望により1回にポリタンク10個までまとめて配達します、その場合の配達料は1回¥500です。

それ以外の地区のお客様

それ以外のお客様は、宅急便での配達となります。
宅急便で送る場合はバロンボックス(段ボールの箱)以外送れませんので、その価格になります。

基本料金

バロンボックス20㍑入り温泉 1,900円+宅急便代金となります。
20ℓの価格表(送料・消費税を含む)

□ 信越地区(新潟・長野) 

      20ℓ(バロンボックス) 3,050円

□ 関東地区(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨)

     20ℓ(バロンボックス) 3,150円

□ 中部地区(岐阜・静岡・愛知・三重)

     20ℓ(バロンボックス) 3,150円

□ 南東北地区(宮城・山形・福島)

     20ℓ(バロンボックス) 3,150円

時間があったら読んでください↓

自宅に届いた温泉利用法

入浴剤として利用

※自宅のお風呂に温泉を入れ利用する方法です。
では?1回にどの位松之山温泉を混ぜると良いのでしょうか?実際に自宅の浴槽に温泉を混ぜてみました。
その結果は1回に温泉10ℓを混ぜると、明らかに水道水のお風呂と違い、湯上りもポカポカと暖かったです。
更に1回に20ℓ混ぜた場合は、お風呂に入ると松之山温泉の匂いが感じられ温泉地に来ている気分を感じることが出来、入浴剤では味わえない本格温泉を自宅で味わうことが出来ました。

この事よりナステビュウ湯の山では、温泉の効果を発揮するために、普通の家庭の浴槽(200ℓ浴槽でお湯を160ℓ程度貯めた浴槽)では1回の入浴に20ℓ入れる事を推奨します。

お風呂を傷めないための対策と注意点

一概に温泉と言っても色々あり、お風呂装備にとって一番有害な硫黄分は松之山温泉には含まれていません。
松之山温泉の成分の中で一番多い塩分についてですが、お風呂の給湯設備は何種類かありますが、”炊く”ことができるお風呂、循環式のものは注意が必要です。
1回使ってすぐ壊れるようなことは無いようですが、給湯設備の循環パイプに多く使われている銅素材はデリケートなため、温泉の塩分がそこに残ってしまって、そこから錆びてくるケースが多々あるそうです。
温泉を利用した場合は必ずその日のうちに流し、利用後にこまめに水で洗い流す習慣を行ってください。
これにより浴槽のダメージは気にならない程度に軽減できるようです。
また追い炊き機能のない、お湯を溜めるだけの機能の浴槽は、使用後に金属部分を軽く水で洗う程度で十分かと思います。

お肌の保湿の為に利用

スプレーボトルに源泉を入れ、直接肌に吹きかけてみましょう。
温泉のベールが体を保湿してくれます。

もしくは、源泉をタオルにしも込ませてふき取るのもお勧めです。
おむつかぶれや、あせもなどにも効果があるようなので、赤ちゃんのいる方や、介護している方にもおすすめです。

湯上がり卵を自宅で作る

ナステビュウ湯の山で販売している湯上りたまごを自宅でも作れますが、非常に手間はかかります。
松之山温泉を83℃程度の一定の温度に保てるようにする必要があります。
当館では1年にわたり、圧力釜で茹でたり色々な方法を試してみましたが、長時間茹でても卵の白身が適度な弾力をを保ち、美味しく食べられる最適な温度が83℃前後だという事を突き止めました。
時間は24時間以上がおすすめです。
それ以下の時間だと、温泉のミネラル分や塩分が卵にしみ込まないようです。
また、卵の種類によっても違いがあるようですので、色々自宅で試すと面白いかもしれません。

プレゼントとして利用

お世話になった方にプレゼントして利用したり、敬老の日、母の日、父に日、ご両親の誕生日や結婚記念日などの記念日のプレゼントとして利用する方も増えています。

この場合は、送る相手(配達先)が十日町/津南/上越市の大島区の地区内である必要がありますが、送る側は全国どこからでも送れます。

 

 

ページの
先頭へ