• 0
  • 0
  • 0

発熱時にお風呂はどうする?

166711

入った方が良いと言う意見と、ダメという意見

風邪などで、熱があるときお風呂はどうした方が良いのか?
調べてみました。

そしたら入った方が良いと言うう意見と、ダメだと言う意見がありましたので紹介します。

熱があるときお風呂に入ると良いとされる意見は、

風邪や熱があるときでも、お風呂に入った方が良いと言う意見は!

家風呂は湯冷めの心配がない。
お風呂は気分的にも衛生的にもリフレッシュされる。
体を温める事で、免疫力があがる。
熱に弱い風邪ウイルスが弱る効果が期待できる。
入浴は鼻詰まりにも有効である。
腹痛や下痢のとき、腸の動きを少なくして痛みを軽減する効果がある。
皮膚の清潔を保ち、細菌に対する抵抗力を高める。
お風呂の蒸気は喉に適度の加湿効果を与える。
血行を良くし、新陳代謝を盛んにする。
お風呂の水が熱を体内から逃がすのを助けるなどなどです。

但し、お風呂の環境や症状によっては控えた方が良い場合もある。

こんだけ並ぶと、風邪ひいて熱があってもお風呂に入った方が良いじゃん、と思いがちです。

熱があるとき、お風呂に入ら無い方が良いと思う理由

僕の考えですが、熱があるときはお風呂、特に温泉は入らない方が、良いと考えます。
体を温めて、血行が促進されることが一番の効能ですが、熱があるときにこう言った作用は逆に体に負担を掛けます。

入浴とはダイエット効果がある位、ある意味体に負担を掛ける行為です。
普通でも、私など温泉めぐりで1日に10数か所もお風呂に入ると、もう体はボロボロになるほど疲れます。

そんな負担は、熱がある様な体調の悪い時にするべきではなく、かえって病状を悪化させる恐れがあります。
風呂に入る場合は、あまり負担を掛けないように短時間にぬるめのお風呂に入る程度が良いでしょう。

まとめ。

やはり熱があったり、具合の悪い場合は、体に負担を掛ける入浴は控えた方が無難だと思います。
症状が好転する可能性は少ないと考えています。

タグ:
熱があるときの温泉

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ