• 0
  • 0
  • 0

スキーの後の温泉は疲れを軽減させてくれます。

温泉+スキー場ニフティ至れりプランの紹介

温泉+スキー場ニフティ至れりプランの紹介

激しい運動や、スポーツでの疲労を回復する基本は血流+栄養素+休養です。
ここで大事なのが食事で摂取した栄養を、ダメージを受けた筋肉まで運んでくれるのが血液なら、スポーツで出来た乳酸を肝臓まで運び中和してくれるのも血液です。

ですから、この血液の流れを良くして上手に供給してあげれば、効率的で早く疲労から回復できるのです。

その血流を簡単に良くする方法が温泉入浴なんです。
しかも、さらに血液のながれを最大限にする入浴法もあります。
それが温冷交互浴なんです。
お風呂で温めた事により、開いた血管を、今度は冷水シャワーか水風呂で体の表面を冷やしすことにより、今度は収縮させ、血管のストレッチ体操することにより、さらに血流を増す入浴法です。

疲労回復の基本は血流+栄養+睡眠ですが、この睡眠も温泉入浴によって良質な睡眠に導くことも可能です。

自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、それぞれアクセルとブレーキの役割を担っています。
やはり、体を休めるにはブレーキの役割を行う「副交感神経」を刺激してあげると良いのです。
それには41℃~39℃の低い温度のお風呂に長時間入浴する事が、副交感神経を上手に刺激することに役立つのです。
さらに、精神的にも開放され、癒し効果は抜群です。

逆にスポーツの後に熱いお風呂に入ると、気持ち良い錯覚に陥りますが、実は体を守るための脳内麻薬の影響だと言う話も書きました。

この場合は逆に交感神経も刺激してしまい、体が休まらないので効果が半減しますので注意が必要です。

ナステビュウ湯の山では、スキー場のリフト1日券+温泉入浴券(当然ナステビュウ湯の山です)+食事券(ナステビュウ湯の山)+タオルセットがぜ~んぶ一緒になったセットを@Nifty温泉さんと共同で3,300円販売し始めました。
詳しくは@Nifty温泉のホームページをご覧ください。

タグ:
@Nifty温泉

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ