• 0
  • 0
  • 0

一滴の水滴に宇宙を見る。

宇宙空間に浮かぶ天体のようです。

宇宙空間に浮かぶ天体のようです。

この写真、太陽系から遠く離れた、未知の惑星って感じではありませんか?
少し暗い感じですが、それがますます神秘的です。
この写真は、我が家の水道から滴り落ちる水滴です。
ガッカリですか?
まあそんな感じですよ。
この写真はISO6500まで上げてF2.8 シャッタースピード1/5000で撮影した写真です。

DSC_1389

写真は幻想的ですがやっている事は凄くリアル(笑)

実はこの写真凄く大変でした。
滴り落ちる水滴を捉えて写真を撮るなんて不可能です。
じゃどうするか?
偶然に期待する方法しかありません。
だから、適当にシャッターを押して偶々写っている写真を選択する方法が一番いい感じですよね。
今回はピントから含めて200~300枚撮影しました。
非常に難しかったです。
時間もかかりましたが、今日は暇だったので。

自然落下する水滴は一体何秒くらいで止まるか?

1/2500秒

1/2500秒

1/2,500秒位あると何となく止まっているようです。
デモなんか輪郭がぶれている感じ。

1/1000秒

1/1000秒

1/1,000秒だともう完全にブレてしまっています。

1/500

1/500

さらに1/500秒だと途方もなく速いスピードですが、こんな感じになってしまっています。

朝紹介した、シャワーの写真はストロボを利用しています。
小型ストロボは発光時間が数千~数万秒の1程度ですので、水滴も完全に止まって見えます。

はい、それでは落花している水滴を止めて撮影するには1/3000秒程度のシャッター速度が必要だと言うことでお願いします。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ