• 0
  • 0
  • 0

露天風呂改修工事→8日目

image

女性側の露天風呂

いよいよ、露天風呂の工事も8日目になりました。
工事が始まったのは3月7日の月曜日からですが、日数で数えると8日目になります。

今までの露天風呂を完全に壊して、新しい露天風呂の下部のコンクリートを打って(コンクリートを型枠に流し込むときに、専門用語で打設と言いますのです、コンクリートを打つとか、ただ単に打つと言います。

旅行先で、自然石風のタイルを張るのですが、お風呂の中だと段差があると分からないので、タイルの色を変えて張ろうと提案させて頂きました。
何とか間に合うそうです。

お風呂の中だと、特に夜になると階段なんて分からないらしいのですよ。
初めてや、あまり来たことのない人は、お風呂の中がどうなっているなんて全然わからないと思います。

これはデザイン的な問題以前の、安全の問題なので重要だと思っています。
お風呂の中でも、底の色が違っていれば、何かあると思っていただけると思います。

そして、本日2回目のコンクリートを打ったので、周りはこれで固まりました。
後は中心部のお湯の出る部分を1回コンクリートを打てば完成です。
後はタイルを張れば内部は完了です。

この調子で行くと、ミスやトラブルがない限り3月26日の土曜日から新しい露天風呂のお披露目が出来そうです。

今は不安だらけですね。
ちゃんとシステムが稼働するんだろうか?
お金はどうなるんだろうか?

工期はどうなるでしょうか?
考えたら、色々心配事が絶えません。
きっと素晴らしいお風呂になるのではないかと思っています。

かっこよいお風呂もいいのですが、使いやすい、お客様がのんびりできるようなお風呂になるといいなと思っています。

機能的には、ごみが飛んで来た時、特に秋など彼は対策はいい感じになると思います。
今度はオーバーフロー方式なので、水に浮くごみは、すぐに流れて出るはずです。

そして、ゆっくりできるように、お風呂の中にベンチを作りましたので、のんびり出来るはずです。

メンテナンス性はどうか?
排水勾配をきちんととるようにお願いしたので、栓を抜けば全部排水できるように成るはずです。

今までは、谷川に3センチぐらいお湯が残ったもんね。
それが解消できるだけでもかなりいい感じ。

お客様も楽しみにしていますが、我々も楽しみにしています。

タグ:
露天風呂工事8日目

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ