• 0
  • 0
  • 0

女性のプライバシー空間を生み出す。

内部に簡易ベットがすっぽり入って寝る事も出来ます。

社長の高橋です。
当館の仮眠室は、男女が一緒に仮眠するタイプの仮眠室です。

そこで問題になってくるのが、女性は寝ている無防備の顔を見られたくないって事なんです。

反対側から。 通気窓は内側から閉める事も可能です。

要するにプライバシー空間ですよね。
僕の発想的にはカプセルホテルのように、将来的にはボックス型の空間を提供したいと思っていました。

問題はコストと内容ですね。
どんなに安く作っても、一人5万くらいかかりますよね。
20人のスペースを作るとすると、最低でも100万円は掛かっちゃいます。

そこで、取りあえずのスペース確保として2Fの仮眠室に2人分だけプライベートテントを設置しました。

これだったら外部から見られる心配はありませんし、中に入ると狭い空間ですが落ち着きます。
トイレに入るとホッとする、あんな感じです。

当分の間女性専用とさせていただきます。

どんな化学変化が起きるか楽しみです。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ