• 0
  • 0
  • 0

昔を懐かしむ旅してきました。

昨日は私が休みなので、暇に任せて昔を懐かしむ旅をしてきました。

と言っても、近所をドライブしてきただけですが。

まず行ったのは、尾神岳
パラグライダーのエリアがあるところです。
僕は20代後半から30歳までスカイスポーツのハンググライダーをやっていたことがあります。
その時は初心者用の機体→国産ファルフォークのブレザーと言う機体からオーストラリアのマジックと言う上級者の機体だけど操作性の良い機体に乗っていました。

ファルって会社今でもあるんですね。
岡さんが今でも社長しているようです。

今から35年も前の事ですから。
実際にテイクオフに行ってみましたが、ほとんど覚えていませんでした。
ここだったかな???
しばらく留まって山をみていると、思い出してきましたが変わっていないようです。

当時はパラグライダーなんてない時代なのでハングオンリーでしたが、現在はパラグライダーオンリーになっていました。

丁度スキー場でスキーからボードに変わった感じににてるんでしょうね。
逆に尾神岳ではハング飛行禁止でしょうね。
性能差などがあまり違うと危険かもしれませんから。

そこから高校卒業して、みんなで個人宅に合宿して車の免許を取った事があります。
当時は免許を取るに、自動車学校に入る方法と、個人講師について一発試験を受けて取る方式がありました。

私たち高校の同級生10人くらいは、合宿してこの個人講師に教えてもらい、一発試験に臨み運転免許を取得しました。
その時の合宿の思い出は、今でもキラキラと思い出にあります。

尾神の吉川の近くなので回り道して通ってみました。
当時指導してくれた方は新部さんと言う方で、当時魚屋さんを営んでいたと記憶しています。
ご子息は「こういち君」と言う小学生とまだ小学校に上がったばかりの「えみこちゃん」だった思いますがおいでだった事を薄っすらと覚えていますが、道路を通っても新部さん家が特定できませんでした。

だって今から46年も前の話だもん(笑)
当時1か月ほどんの期間なのですが、楽しかったんっですよね。
今でもよく思い出します。

特に「化け猫事件」は鮮烈ですが、機会が有ったらまたお話ししましょう。

そこから上越方面に8号線を走っていると国立病院機構 さいがた医療センターの入り口が見えてきました。

実はぼくの奥さんが前に努めていた病院、当時は国立犀潟病院だったと思いますが、その場所だったのです。

当時僕と奥さんは当時勤めていた会社のアルバイト職員でした。
社内の噂もあるし、彼女は元々看護師だったので、復職を望んでいました。

そこで、私は今は故人となっていますが、当時の社長にお願いしました。
話を聞いた社長は、その場からある政治家の事務所に電話してその事をお願いしました。
当時の事務所の担当が片山さんと言う方でした。
そして1ヶ月もしないうちに、その方の紹介で犀潟病院に勤務する事が決まりました。

この話は後日談が色々ありお話出来ないほどですが。

それから一カ月ほどして、私は社長室に呼ばれました。

そして、報告とお礼をその政治家の事務所職員の片山さんにしたかと言われましたが、私は何もしていませんでしたと答えると、社長にこう言われました。

人間は受けた恩は忘れてはいけない。
これからも大事な事だから、ちゃんとしておきなさい。
そして、受けたアダも絶対忘れるなと言いわれました。

恩は恩で返し、仇は仇で返すことを忘れるなと教えてくれたのだと思います。

今でも座右の銘に近い感じで忘れていません。

昨日はそんな事を色々思い出しました。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ