• 0
  • 0
  • 0

令和2年の梅雨明けは何時ごろになりそうか?

今年は各地で大雨の被害が報告されています。
特に九州の熊本では過去に記録がないほど、短時間に大量の雨が降り、大きな被害が出ています。

皆さんの考える事は大体同じで、いったいこの雨いつまで続くのだろうって事です。
調べてみました。

エルニーニョ現象が起きると長雨だと言われていますが、現状では全くその傾向すらないようです。

その代わり、インド洋沖の海水温が異常に高いそうですが、遠く離れたインド洋の海水温が日本の梅雨の大雨に関係して入るなんて・・・・・・・
信じられませんよね。

僕はいつも上空の気流の流れに注目しています。
冬には北極振動と言う形で、お天気に影響を及ぼしてきます。
では今年はどうなのか?

気象予報士 松田巧さんのHPを見てきました。↓

見てもらうと寒帯ジェット気流が日本に張り出しているのが確認できます。

その状況は1か月経っても改善されていないと言う事も確認できます。
つまり全体には、今の傾向のままだと言う事です。

本題になりますが、梅雨明けはこのままだと大幅に遅れる傾向で、1週間から10日ぐらい遅れそうな雰囲気ですよね。

つまり北陸地方の梅雨明けは、例年だと7月24日前後なのですが、今年は7月の末から8月の上旬になりそうですね。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ